【優良業者を見極めよう】シロアリ対策ならプロに即相談

記事一覧

習性に応じた撃退方法とは

鳩

様々な習性と撃退方法

鳩は、用心深い鳥なので何度も下見してから飛来する場所を決めています。初めは遠くから様子をうかがい、次は数秒間だけ止まってみるといった感じで段階を踏んで近づいてきます。そして、外敵がおらず安全だと確信してから、巣を作ります。鳩は、ここだと決めた場所には執着する鳥なので、そうなってからの追い出しは難しくなってしまいます。また、鳩は鳥獣保護法に守られているので、むやみに傷つけたり処分したりできません。鳩を傷つけずに追い出すには、できるだけ早い段階で対策をとることが重要になるのです。鳩はベランダの室外機や植木鉢などの片隅に巣を作る習性があるので、ベランダ周辺を常にきれいに片付けておくことも対策になります。鳩がベランダに周辺をウロウロしていたり止まったりしている時は、天敵がいないか確認している状態です。そのため、ベランダに害鳥用のネットを張る、忌避剤を塗るなどの対策を行いましょう。ネットを使う場合は、必ず害鳥撃退用のものを張ることが大切です。普通のネットは鳩がくちばしでつついて破れてしまうので、強い繊維で編まれた害鳥用を使います。また、ネットが緩むと隙間から入ってくるので、ピンと張っておくことがコツになります。忌避剤は設置タイプと吊るすタイプがあり、ニオイと触感で鳩を撃退するものです。特に、ベランダに塗るタイプの忌避剤は鳩の足に違和感を感じさせるため、危険な場所だと思わせる効果があります。ベランダが安全な場所ではないことを知らせるのが、効果的な鳩対策になるのです。執着して居着いてしまわないように、早めに対策を行いましょう。